店舗型のヘルスも人気

細い体をしている

自宅の部屋、ホテルの部屋を熱いラブルームに変貌させるデリヘル、ホテヘルの人気の勢いは衰えませんが、一方、店舗型のヘルスも一定以上の人気を得ています。特に、東京なら池袋のような、昔から遊び人を自認する男性たちが集まって楽しんでいたような繁華街で、店舗型のヘルスは看板を出しています。
プレイの内容とか在籍する女の子とかが、デリヘルやホテヘルに比べて違うというわけではありません。ヘルスにも、色白清楚系の女の子や淫乱人妻、元気いっぱいで2発、3発ヌイてくれるギャルなど、いろんな種類の女の子がいます。また、出来るプレイもディープキス、フェラ、素股、その他……というイチャラブプレイであることにも変わりはありません。ただ、違うのはお店に行き、受付をしてその奥にあるプレイルームで楽しむというスタイルの違いだけ。
ただ、90年代以降とくに盛んに利用されるようになったデリヘルやホテヘルといった新興のヘルスに比べて、より、池袋の店舗型のヘルスはお客がお得に利用できるような取り組みをしっかり行っているという感じがあります。たとえば池袋のヘルスのサービスは、プレイルームのベッドでディープキスをする前に、付いているシャワールームで女の子が体を洗ってくれるところから始まりますが、「シャワー時間はプレイ時間に含まない」というお店も多いのです。ゆっくりシャワーで洗ってもらい、スキンシップを楽しみ、ベッドルームに移動して初めて、60分なり90分なりのコース時間がスタートするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加